討議倫理

ユルゲン・ハーバーマス 著 ; 清水多吉, 朝倉輝一 訳

討議とは、討議倫理とは何か。了解と意志形成、正義と善は、いかにして実現されうるのか。カントとヘーゲルを問い直しつつ、道徳・実践理性・正義・公共性・人格の原理を論ずる。法の基礎としての倫理を追究してきたハーバーマスが、諸論争を通じて発展させた「討議倫理学」の全体像。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 道徳性と人倫(カントに対するヘーゲルの異議は討議倫理にも当てはまるか?
  • 何が生活形態を「合理的」にするのか?)
  • 第2部 道徳の発展(正義と連帯-「段階六」についての議論のために
  • ローレンス・コールバーグとネオ・アリストテレス主義)
  • 第3部 実践理性(実践理性のプラグマティックな、倫理的な、道徳的な使用について
  • 討議倫理の解明)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 討議倫理
著作者等 Habermas, Jürgen
朝倉 輝一
清水 多吉
Habermas J¨urgen
ハーバーマス ユルゲン
書名ヨミ トウギ リンリ
書名別名 Erlauterungen zur Diskursethik

Togi rinri
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 832
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2005.11
ページ数 283, 20p
大きさ 20cm
ISBN 4588008323
NCID BA74067577
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20962685
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想