ロシアの科学者 : ソ連崩壊の衝撃を超えて

小林俊哉 著

科学大国であった旧ソ連が崩壊して以降、その名声を支えてきた科学者達の処遇は現在、どうなっているのか。崩壊前の研究体制の特徴なども紹介し、科学技術という「遺産」の継承について報告する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 背景 旧ソ連における科学技術研究の歴史
  • 2 旧ソ連科学技術研究体制の特徴と欠陥
  • 3 カタストロフィの中のロシアの科学
  • 4 破局を潜り抜けたロシアの科学
  • 5 「避難所」のロシア人科学者-日本は「避難所」たりえたか
  • 6 結果と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロシアの科学者 : ソ連崩壊の衝撃を超えて
著作者等 小林 俊哉
書名ヨミ ロシア ノ カガクシャ : ソレン ホウカイ ノ ショウゲキ オ コエテ
シリーズ名 ユーラシア・ブックレット / ユーラシア研究所・ブックレット編集委員会 企画・編集 no.85
出版元 東洋書店
刊行年月 2005.10
ページ数 63p
大きさ 21cm
ISBN 4885955904
NCID BA74039017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21028848
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想