現代世界と民主的変革の政治学 : ラスキ/マクファースン/ミリバンド

小松敏弘 著

20世紀前半、イギリスの政治学者ラスキは直面した近代国家の政治体制の矛盾をどのように分析し評価したか。またどのような社会を理想として構想したか-本書は、ラスキ、その弟子マクファースン、ミリバンド、この三者間の思想・諸説の比較をとおして、ラスキの現代世界に対する分析の有効性とその現代的意義を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序論(本書の課題、問題意識、構成
  • 現代政治学における自由論の再構築-グリーン、ラスキ、マクファースンを中心にして)
  • 2 ラスキと現代資本主義国家(ラスキ国家論の再構成-ラスキの現代資本主義国家論
  • マクファースンの先進資本主義国家 ほか)
  • 3 ラスキと社会主義国家(ラスキの現存社会主義観
  • ラスキのスターリン観 ほか)
  • 4 ラスキと発展途上国(ラスキの第三世界論-ナショナリズム論を通して
  • マクファースンの発展途上国型の民主主義論 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代世界と民主的変革の政治学 : ラスキ/マクファースン/ミリバンド
著作者等 小松 敏弘
書名ヨミ ゲンダイ セカイ ト ミンシュテキ ヘンカク ノ セイジガク : ラスキ マクファースン ミリバンド
出版元 昭和堂
刊行年月 2005.10
ページ数 418, 4p
大きさ 22cm
ISBN 4812205298
NCID BA74033280
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21032742
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想