福祉文化の創造 : 福祉学の思想と現代的課題

立正大学社会福祉学部 編

21世紀は、環境と同じく福祉が優先される世紀である。この「福祉の世紀」を視野に、立正大学社会福祉学部開設10周年を記念し、「福祉文化の創造」という統一テーマのもとに近未来に向けて問題提起する。福祉の原点であり、社会福祉の全領域に通底する「福祉文化」の視点から、福祉学の思想と理論、現代的な課題について検証し、さらに新たな研究領域に挑戦する。そして、21世紀における「ウェルビーイング」の創造をめざして、福祉学の教育・研究機関としての存在意義と価値を改めて問い直す里程標としたい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 福祉学の思想と理論(現代社会福祉学の検討課題
  • 仏教の福祉理念と福祉活動
  • 仏教文化と福祉 ほか)
  • 第2部 福祉学の現代的課題(家族の自立と共生-非血縁家族における親子関係を通して
  • 家族福祉の視点-家族の個人化・個別化と家族関係について
  • 日本における保育研究の軌跡-明治〜戦前にかけて ほか)
  • 第3部 新たな研究領域への挑戦(わが国における社会福祉労働運動の展望と課題-全国福祉保育労働組合の歴史と展開を中心に
  • 健康福祉と文化の関わり-健康に自立して生きる方策
  • 福祉文化に根ざした社会づくり、学校づくり ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福祉文化の創造 : 福祉学の思想と現代的課題
著作者等 立正大学社会福祉学部
書名ヨミ フクシ ブンカ ノ ソウゾウ : フクシガク ノ シソウ ト ゲンダイテキ カダイ
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2005.10
ページ数 355p
大きさ 22cm
ISBN 4623044262
NCID BA74023924
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20907433
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「福祉環境」の整備学から「環境構築」の福祉学へ 田口正己
わが国における社会福祉労働運動の展望と課題 高木博史
バリアフリーの視点からみるまちづくり 山口雅功
ホームレス襲撃事件と現代非行 村尾泰弘
ライフサイクルと人間福祉論 山本信良
ヴィゴツキーの社会的構成論による保育の構想 矢澤圭介
仏教の福祉理念と福祉活動 清水海隆
仏教文化と福祉 三友量順
保育理論と次世代育成支援の実践的課題 迫田圭子
健康福祉と文化の関わり 原田壽子
児童養護施設の現状とその方向性 大竹智
家族の自立と共生 石井富美子
家族福祉の視点 森下陽美
少年非行と少年の福祉実現への課題 鷲尾祐喜義
新たな研究領域への挑戦
日本における保育研究の軌跡 宮田まり子
渋沢栄一の慈善事業 山名敦子
現代社会福祉学の検討課題 田代国次郎
社会福祉と生命倫理の交点 溝口元
福祉コミュニティの概念の構造 稲葉一洋
福祉学の思想と理論
福祉学の現代的課題
福祉文化に根ざした社会づくり,学校づくり 大平滋
福祉文化研究の対象の広がりと接点 國光登志子
精神障害者のアドボカシー 原久美子
貧困と文化的不正義 金子充
障害のある子どもの発達保障の課題 中村尚子
障害児の治療・訓練における運動の意義 仲山佳秀
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想