動物の老い人間の老い : 長寿の人間科学

戸川達男 著

人間は文化を持ち生命の危険をさける様々な知恵を蓄積して寿命を延ばしてきた。本書では長寿を生きる中で遭遇する問題の所在を明らかにするとともに、高難度でさしせまった課題にどう対処していくか、超高齢社会を生きる知恵を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜ老いが問題なのか-人間は長寿だけでは満たされない
  • 生物個体の寿命-長すぎても短すぎても種の存続には不利になる
  • 細胞の老化と個体の老化-プログラムされているのか、エラーの蓄積か
  • 文化の継承-文化の継承に高齢者が貢献した
  • 高齢社会-長寿を支える社会より長寿に支えられる社会
  • 老年病との闘い-持久戦からなにを学ぶか
  • 生活環境の変化-加速する社会の変化に追従する適応力を持てるか
  • 自己実現の夢と現実-可能性は無限にあるが想像できることは限られている
  • 自立と支援-支援する側にもされる側にも知恵が必要
  • 高齢者の心の世界-たとえ認知症でも、広大な心の世界がある
  • 死の受容-よい死をもたらす文化が望まれる
  • よい生き方の追求-現実の課題は結局は「よい生き方の追求」に帰着する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動物の老い人間の老い : 長寿の人間科学
著作者等 戸川 達男
書名ヨミ ドウブツ ノ オイ ニンゲン ノ オイ : チョウジュ ノ ニンゲン カガク
出版元 コロナ社
刊行年月 2005.11
ページ数 144p
大きさ 20cm
ISBN 433907778X
NCID BA73996741
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20907284
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想