世界に広がる俳句

内田園生 著

俳句国際化の流れを知ることは、あらためて「俳句とは何か」を考えるきっかけになるとともに、俳句がいかに国際交流に重要な位置を占めているかを学ぶことでもある。外交官として長年世界各国の人々と交流をもち、俳句を愛してきた著者ならではの、豊かな経験と見識とで国際俳句誕生への道を辿る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 外国人の俳句観の変遷(初めて俳句を紹介したアストンの俳句観
  • 幕末・明治初期の俳壇と子規の俳句革新
  • 初めて発句を詩と認めた、ラフカディオ・ハーンの俳句観 ほか)
  • 第2部 外国人による外国語のハイク(アメリカ、カナダのハイク
  • アフリカのハイク
  • アラビア語圏のハイク ほか)
  • 第3部 世界の詩人たちのハイク(リルケのハイク(オーストリア)
  • ノーベル賞詩人パスのハイク(メキシコ)
  • ノーベル賞詩人パブロ・ネルーダのハイク(チリ) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界に広がる俳句
著作者等 内田 園生
書名ヨミ セカイ ニ ヒロガル ハイク
シリーズ名 角川学芸ブックス
出版元 角川学芸 : 角川書店
刊行年月 2005.9
ページ数 279p
大きさ 19cm
ISBN 4046519843
NCID BA73984968
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20889375
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想