文化としての神道 : 続・誰でもの神道

薗田稔 著

グローバル化の時代神道文化の自覚を。欧米文明の世界化が引き起こしている混迷と、日本社会の道義的退廃に、「文化」としての神道の大切さを熱く説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 文化としての神道
  • 第1章 文化の不良債権
  • 第2章 日本の祭りと現代
  • 第3章 鎮守の森の復権
  • 第4章 霊的生命観と現代
  • 第5章 一神社人の想い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文化としての神道 : 続・誰でもの神道
著作者等 薗田 稔
書名ヨミ ブンカ ト シテノ シントウ : ゾク ダレ デモ ノ シントウ
書名別名 Bunka to shiteno shinto
出版元 弘文堂
刊行年月 2005.10
ページ数 226p
大きさ 20cm
ISBN 4335160429
NCID BA73929813
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20898667
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想