作家たちの往還

勝又浩 著

[目次]

  • エデンの園の記憶-中沢けい
  • 「霊的著作」の「私」-高橋たか子
  • 歌びとの散文-上田三四二
  • 第三の歴史記述-安岡章太郎
  • 版画が動き出すとき-島村利正
  • 神田のチェーホフ-永井龍男
  • 諸国一見の旅人-白洲正子
  • 幸田文学三つの「種」-幸田文
  • 凹凸鏡の内と外-島尾敏雄
  • 未復員兵の戦後-古山高麗雄
  • 東洋と西洋の狭間-芹沢光治良
  • 揺れる良識-大佛次郎
  • 「風貌・姿勢」の修辞学-井伏鱒二
  • 『くれない』の問題-佐多稲子
  • 『山の音』の「音」について-川端康成
  • 次男坊の解脱-志賀直哉
  • 漱石の昼寝-夏目漱石
  • 秋聲的気分-徳田秋聲
  • 純粋恋愛人-近松秋江

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 作家たちの往還
著作者等 勝又 浩
書名ヨミ サッカタチ ノ オウカン
シリーズ名 季刊文科コレクション
出版元 鳥影社
刊行年月 2005.9
ページ数 287p
大きさ 20cm
ISBN 4886299326
NCID BA73926327
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21003576
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想