ハイデガーとフランス哲学

トム・ロックモア 著 ; 北川東子, 仲正昌樹 監訳

フランス哲学のヒューマニスト的伝統の中でハイデガーはなぜ主導的思想家となりえたのか。文化横断的な視座からその謎めいた現象の核心に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 "フランス的"哲学者としてのハイデガー
  • 第2章 ハイデガーとフランス哲学における思想のマスター
  • 第3章 ドイツ現象学、フランス哲学、そして主観性
  • 第4章 ハイデガー、サルトルとフランスのヒューマニズム
  • 第5章 ジャン・ボフレと『ヒューマニズム書簡』
  • 第6章 ハイデガーの『ヒューマニズム書簡』とフランスのハイデガー主義
  • 第7章 ハイデガーと現代フランス哲学
  • 第8章 ハイデガーの政治とフランス哲学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハイデガーとフランス哲学
著作者等 Rockmore, Tom
仲正 昌樹
北川 東子
ロックモア トム
書名ヨミ ハイデガー ト フランス テツガク
書名別名 Heidegger and French philosophy
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 823
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2005.10
ページ数 355, 92p
大きさ 20cm
ISBN 4588008234
NCID BA73919831
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20963236
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想