荷田春満の国学と神道史

松本久史 著

荷田春満が活躍した「荷田派の時代」に光を当て、近世の祭祀、神社・神職の実践的な活動と国学の思想を関連づけ、神道学による国学研究の枠組みを広げる意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 荷田春満の学問形成と展開(荷田春満と契沖の学的関係-『日本書紀神代巻訓釈伝類語』を中心に
  • 荷田春満の学統に関する一考察-奥村仲之との関係を中心にして
  • 荷田春満の神代巻解釈の形成過程-稲荷社祭神説と関連して
  • 荷田春満の伝授否定とその意味-国学の発生と関連して
  • 『日本書紀』神代巻購読の聞書および問答書類について)
  • 第2章 春満学の継承と展開(稲荷社祠官著作の由緒記と荷田春満の神代巻解釈
  • 賀茂真淵の古道観)
  • 第3章 遠州荷田派の学問・行動と神社(杉浦国頭の学問形成と家職-前期国学研究の課題と関連して
  • 近世遠江国における式内社研究-国学者の著述を中心に
  • 近世遠江国における神社・神職の組織化の問題)
  • 第4章 近代国学への展望とその研究(「気吹舎蔵板」版行に関する基礎的研究-「伊吹廼屋先生及門人著述刻成之書目」各種の紹介と考察
  • 維新期平田派国学と民俗信仰-『宮比神』神像画を例にして
  • 近代神道学者の国学観
  • 國学院大学日本文化研究所における国学研究の歩み)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 荷田春満の国学と神道史
著作者等 松本 久史
書名ヨミ カダ アズママロ ノ コクガク ト シントウシ
シリーズ名 久伊豆神社小教院叢書 2
出版元 弘文堂
刊行年月 2005.10
ページ数 427, 3p
大きさ 22cm
ISBN 4335160437
NCID BA73919081
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21024394
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想