日本名城伝

海音寺潮五郎 著

城にもそれぞれ個性がある。岐阜城はただ一人を除いてすべて非業の死をとげていることや、小田原城の歴史は一種の震災史であり、そして姫路城には女のからんだ秘話が多い。南は熊本城から、北は函館五稜郭まで十二の名城にまつわる史話を歴史文学の第一人者であった著者が縦横に語った興趣つきない好連作集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 熊本城-神風連
  • 高知城-理想家の悲劇
  • 姫路城-女難城
  • 大阪城-金と朱
  • 岐阜城-道三の怨み
  • 名古屋城-中京繁昌由来
  • 富山城-不信義な武将
  • 小田原城-地震とお城
  • 江戸城-日本シンデレラ
  • 会津若松城-女の嫉妬、男の嫉妬
  • 仙台城-珍陀の美酒
  • 五稜郭-蝦夷島独立国

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本名城伝
著作者等 海音寺 潮五郎
書名ヨミ ニホン メイジョウデン
シリーズ名 文春文庫
出版元 文藝春秋
刊行年月 2005.10
版表示 新装版.
ページ数 296p
大きさ 16cm
ISBN 4167135477
NCID BA73891200
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20909521
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想