女の子って、どうして傷つけあうの? : 娘を守るために親ができること

ロザリンド・ワイズマン 著 ; 小林紀子, 難波美帆 訳

ある日突然、娘が学校から泣きながら帰ってきたら…。友達から裏切られる、クラス全員から無視されるといったことが、どんなに子どもを傷つけることでしょう。それでも、女の子にとっては、この友達グループが、まさに思春期を生き残るための「救命ボート」になっています。この救命ボートを利用しながら、どう思春期の荒波を乗り越えていくか、本書は示しています。育児書や子育て指南書はたくさんあるものの、思春期の娘が友達から口をきいてもらえなくなったときにどうするか、親の対処法を教えてくれる本は、これまでありませんでした。具体的なアドバイスに富んだ本書は、思春期を親子で乗り切るための最良の手引書になります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 派閥と人気
  • 2章 「女の子の世界」へのパスポート
  • 3章 美人コンテスト
  • 4章 意地悪な女の子たち
  • 5章 女の子の権力争い
  • 6章 恋のはじまり
  • 7章 男の子を喜ばせるために、友達を裏切る女の子たち
  • 8章 助けを求めるとき

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女の子って、どうして傷つけあうの? : 娘を守るために親ができること
著作者等 Wiseman, Rosalind
小林 紀子
難波 美帆
ワイズマン ロザリンド
書名ヨミ オンナノコッテ ドウシテ キズツケアウノ : ムスメ オ マモル タメニ オヤ ガ デキル コト
書名別名 Queen bees and wannabes
出版元 日本評論社
刊行年月 2005.10
ページ数 298p
大きさ 19cm
ISBN 453558429X
NCID BA73888057
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20901504
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想