意味を生み出す記号システム : 情報哲学試論

加藤雅人 著

情報科学の扱う「機械情報」に対して、「人間情報」の本質を「意味」として焦点化し、情報理論・意味論・論理学・語用論などの諸理論を超領域的に横断した、新しい情報哲学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 情報、意味、コミュニケーション(情報
  • 意味
  • コミュニケーション)
  • 第2章 論理、言語(論理
  • 論理学と哲学
  • 哲学と言語学
  • 形式言語)
  • 第3章 論理的(形式)意味論(命題論理の形式言語L
  • 意味としての真理
  • 真理関数
  • 意味論的妥当性
  • 述語論理の形式言語PL
  • 述語論理の式の定義)
  • 第4章 自然演繹(命題論理の自然演繹
  • 述語論理の自然演繹)
  • 第5章 語用論(意味と使用
  • 協調と推意
  • 前提
  • 言語行為
  • ポライトネス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 意味を生み出す記号システム : 情報哲学試論
著作者等 加藤 雅人
書名ヨミ イミ オ ウミダス キゴウ システム : ジョウホウ テツガク シロン
書名別名 Imi o umidasu kigo shisutemu
出版元 世界思想社
刊行年月 2005.10
ページ数 213p
大きさ 19cm
ISBN 4790711471
NCID BA73883767
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20908508
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想