透明な卵 : 補助生殖医療の未来

ジャック・テスタール 著 ; 小林幹生 訳

フランス初の対外受精児誕生に成功した補助生殖医療の第一人者が、DNA二重らせん構造の発見にはじまる分子生物学と遺伝子工学のめざましい発展から自らの研究と実践の歩みを通して振り返り、この革命的技術が人類の未来に何をもたらすか-人間の条件を根底から覆しかねないそのおそるべき危険性を警告する。生殖医療の現場から生命倫理を問う告発の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 板ばさみになって
  • 第2章 試験管から見世物ベビーまで、あるいはアマンディーヌの真実なる前史(動物の時代
  • 新世界
  • とんでもない計画 ほか)
  • 第3章 研究者、医学、小さな患者
  • 第4章 FIV`ETEの周囲で(補足的な技術
  • FIV`ETEの変種
  • 同定と矯正の技術 ほか)
  • 第5章 人間の思い出のほうへ
  • 参考 真正基本版 FIV`ETE

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 透明な卵 : 補助生殖医療の未来
著作者等 Serres, Michel
Testart, Jacques
小林 幹生
テスタール ジャック
書名ヨミ トウメイナ タマゴ : ホジョ セイショク イリョウ ノ ミライ
書名別名 L'oeuf transparent
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2005.10
ページ数 198p
大きさ 20cm
ISBN 4588022253
NCID BA73854634
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20963222
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想