思考と脳 : 考える脳のしくみ

渡邊正孝 著

思考と呼ばれる脳の機能とは一体何なのでしょうか?かつては研究の対象とすることすら難しかった「思考」。本書はその複雑なメカニズムを、気鋭の研究者である著者が、古くは有名な「フィネアス・ゲージ」の脳損傷事故からPETやfMRIなどの非侵襲的方法を用いた最新の研究成果に至るまで、様々な角度から分かりやすく解説します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 思考研究の歴史と方法(「思考と脳」研究序曲-フィネアス・ゲージそしてロボトミー
  • 思考を支える脳:前頭連合野-その構造と機能
  • 思考の心理学的研究 ほか)
  • 第2部 思考を支える脳メカニズム(思考とワーキングメモリー
  • プラニング、推論、概念、判断に関係した脳活動
  • 思考の発達と脳)
  • 第3部 思考と脳をめぐるトピックス(ソマティック・マーカー仮説と前頭連合野腹内側部
  • 心の理論と脳
  • 右脳と左脳、男の脳と女の脳 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思考と脳 : 考える脳のしくみ
著作者等 渡邊 正孝
書名ヨミ シコウ ト ノウ : カンガエル ノウ ノ シクミ
シリーズ名 ライブラリ脳の世紀 : 心のメカニズムを探る / 久保田競, 酒田英夫, 松村道一 編 9
出版元 サイエンス社
刊行年月 2005.10
ページ数 203p
大きさ 21cm
ISBN 4781911072
NCID BA73849623
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20909304
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想