入門経済学

井原哲夫 著

「経済学は意外にわかりやすく、面白い」と思えるように、本書では以下の工夫をしています。1つ目は、説明の流れを重視したことです。順を追って読んでいけば、自然に理解ができるようになっています。読者にとってなじみ深い論理の立て方で説明し、数式は可能なかぎり使用せず、図や表をふんだんに使って理解を助けるようにしました。2つ目は、現実経済の理解ができるように、常に現実と対比しながら説明したことです。現実から遊離した形で経済学を学んでも面白くないからです。本書をマスターすれば、新聞や雑誌の経済記事の内容を理解する上での必要な知識が身につきます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 経済学とはどんなものか
  • 日本経済の現状
  • 企業と供給
  • 消費者と需要
  • 需要供給と市場
  • リスクと主体行動
  • 労働市場
  • 経済全体をとらえる
  • 国際取引
  • 国内総生産の決定
  • 通貨と経済
  • 経済成長
  • 政府の役割
  • 財政のしくみ
  • 地域経済

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 入門経済学
著作者等 井原 哲夫
書名ヨミ ニュウモン ケイザイガク
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2005.10
ページ数 230p
大きさ 21cm
ISBN 4492313540
NCID BA73802710
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20883819
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想