現代に甦る知識人たち

鈴木良, 上田博, 広川禎秀 編

資本と権力の暴走は社会を荒廃に導く。今こそ批判的精神をつちかうために、日本の豊かな知的遺産、自由と民主主義をかかげた知識人の営為に学ぼう。その潮流の一端を岡村司、河上肇、高田保馬、恒藤恭、田畑忍、西田天香、宮武外骨などにさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 西田天香と知識人
  • 2 明治末期の自由主義者-岡村司と河上肇
  • 3 社会学者高田保馬-学問と現実とを結ぶもの
  • 4 宮武外骨の滑稽
  • 5 田畑忍の思想形成と「抵抗」
  • 6 恒藤恭の少年小説-ほんとうの心の満足を求めて
  • 7 恒藤恭と平和問題談話会-戦後平和主義思想の源流

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代に甦る知識人たち
著作者等 上田 博
出原 政雄
古沢 夕起子
広川 禎秀
福井 純子
笠原 芳光
鈴木 良
関西知識人史研究会
書名ヨミ ゲンダイ ニ ヨミガエル チシキジンタチ
書名別名 Gendai ni yomigaeru chishikijintachi
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2005.10
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 4790711501
NCID BA73764112
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20906495
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想