森のフォークロア : ドイツ人の自然観と森林文化

アルブレヒト・レーマン 著 ; 識名章喜, 大淵知直 訳

象徴としての森、森の生態と景観、森の伝説、森の利用とエコロジー運動など、ドイツ人と森との共生の諸相を文化学・民俗学の視点から明らかにし、神秘的な森の息吹と人びとが育む森林観・自然観を生き生きと描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 はじめに-問い・方法・狙い
  • 第2章 象徴の歴史-政治的シンボルとしての森
  • 第3章 森の美しさ
  • 第4章 子供時代の森と生命の樹
  • 第5章 伝説形成と現代史
  • 第6章 過去と現在-近代・前近代の森の意識
  • 第7章 動物たち
  • 第8章 森の利用法
  • 第9章 政治の森
  • 第10章 あとがき

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 森のフォークロア : ドイツ人の自然観と森林文化
著作者等 Lehmann, Albrecht
大淵 知直
識名 章喜
レーマン アルブレヒト
書名ヨミ モリ ノ フォークロア : ドイツジン ノ シゼンカン ト シンリン ブンカ
書名別名 Von Menschen und Baumen
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 825
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2005.10
ページ数 302, 52p
大きさ 20cm
ISBN 4588008250
NCID BA73736161
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20962670
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想