古代インドの神秘思想 : 初期ウパニシャッドの世界

服部正明 著

眼は太陽であり、思考力は月であり、耳は方位であり、頭は火であり、気息は風である-。小宇宙と大宇宙の対応の思想は、やがて個体の本質アートマンと最高実在ブラフマンの一致の自覚へと深化される。古代インドに展開された生の根源を洞察する叡知、神秘思想の本質を初期ウパニシャッドをもとに解明した、斯界の碩学による最良のインド思想入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古代インドの叡知-ウパニシャッドが現代に伝えられるまで
  • 第2章 祭式から哲学へ-ブラーフマナとウパニシャッド
  • 第3章 ブラフマンとアートマン-最高実在と個体の本質
  • 第4章 「有」の哲学-ウッダーラカの学説
  • 第5章 「非ず、非ず」のアートマン-ヤージニャヴァルキヤの思想(1)
  • 第6章 輪廻と解脱-ヤージニャヴァルキヤの思想(2)
  • 第7章 アートマンと外界-『カウシータキ・ウパニシャッド』の教説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代インドの神秘思想 : 初期ウパニシャッドの世界
著作者等 服部 正明
書名ヨミ コダイ インド ノ シンピ シソウ : ショキ ウパニシャッド ノ セカイ
書名別名 Kodai indo no shinpi shiso
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2005.10
ページ数 273p
大きさ 15cm
ISBN 4061597310
NCID BA73729326
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20895299
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想