共視論 : 母子像の心理学

北山修 編

蛍、花火、しゃぼん玉。輝いて、そして消えていく対象を眺める母子。象徴を共有し、言語を使用するための基盤となるこの構図を日本人はなぜ好むのか?「共視」する母子を取り囲む「場」の文化とは?精神分析学をはじめ、さまざまな分野の新しい知見をもとに考察する、視線をめぐる人間論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 共視母子像からの問いかけ
  • 第2章 場の江戸文化
  • 第3章 共に見ること語ること-並ぶ関係と三項関係
  • 第4章 発達心理学から見た共視現象
  • 第5章 視線の構造
  • 第6章 タテ社会における視線
  • 第7章 まなざしの精神病理
  • 第8章 アジアの親子画、日本の浮世絵-育児文化の変容

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 共視論 : 母子像の心理学
著作者等 北山 修
書名ヨミ キョウシロン : ボシゾウ ノ シンリガク
シリーズ名 講談社選書メチエ 344
出版元 講談社
刊行年月 2005.10
ページ数 234p
大きさ 19cm
ISBN 4062583445
NCID BA73727524
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20897096
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想