ゴッホ : この世の旅人

アルバート・J.ルービン 著 ; 高儀進 訳

「闇から光へ、人生は天国へ到る巡礼の旅」。二十五歳の伝道師ゴッホは、教会で人々にこう説教した。心の内部に巣喰う深い悲しみと強い孤独感。ゴッホは、自己との激しい闘いを個性的な絵へと昇華させていった。暗鬱で寂寥感迫る作品、燃え上がるような情熱的な画風。本書は、人間の魂の読み手が一つ一つの絵を丹念に読み、天才画家の心の秘密と絵のもつ美しさを見事に刳り出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ヴィンセントの説教
  • メランコリーの利点
  • 塒につくとき
  • 濡れた足のがさつな犬
  • 亡兄ヴィンセントと悲しみの母
  • 天にましますわれらの母
  • 闇から光へ
  • 黄色い家
  • ヴィンセントの耳
  • 眩暈とスタイル
  • ヴィンセントの眼
  • 絵の中の「キリスト」の教え
  • 鳥の群れ飛ぶ麦畑

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴッホ : この世の旅人
著作者等 Lubin, Albert J
Lubin, Albert J.
高儀 進
Lubin Albert J.
ルービン アルバート・J.
書名ヨミ ゴッホ
書名別名 Stranger on the earth
出版元 講談社
刊行年月 1979.9
ページ数 414p
大きさ 20cm
ISBN 4061597280
NCID BA73726816
BN0032240X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
79033270
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想