茶ともてなしの文化

角山榮 著

ヨーロッパ近代史に多大なる影響を与えた茶の湯文化。その「もてなし」の心が21世紀に秘める可能性を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本の茶のルーツ、その謎に迫る
  • 第1章 茶のグローバル化-文化としての茶、健康飲料としての茶
  • 第2章 英国紅茶文化の成立を再考する
  • 第3章 戦後大きく変貌した家庭と紅茶
  • 第4章 日本の「茶の間」は甦るのか
  • 第5章 日本の人間関係主義を考える
  • 第6章 ホスピタリティーが二十一世紀の平和な世界を創る
  • 終章 茶の文化と人間関係を大切にする生き方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 茶ともてなしの文化
著作者等 角山 栄
角山 榮
書名ヨミ チャ ト モテナシ ノ ブンカ
出版元 NTT
刊行年月 2005.9
ページ数 244p
大きさ 20cm
ISBN 4757141254
NCID BA73684567
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20876148
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想