書 : 筆蝕の宇宙を読み解く

石川九楊 著

東アジアの文化の根柢をなす「書く」ことの意味を説き明かす十二の講義。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 書の表現の根柢をなすもの-筆蝕について1
  • 反転しあう陰陽の美学-筆蝕について2
  • 垂線の美学-書と宗教
  • 整斉、参差、斉参-旋律の誕生
  • 書のなかの物語-旋律の展開
  • 折法の変遷と解体-リズムについて
  • 表現行為としての書-書と織物
  • 書のダイナミックス-筆勢について
  • 結字と結構-書と建築
  • ムーブメントとモーション-書と舞踊
  • 甲骨文、金文、雑体書-書とデザイン
  • 余白について-書と環境

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 書 : 筆蝕の宇宙を読み解く
著作者等 石川 九楊
書名ヨミ ショ : ヒッショク ノ ウチュウ オ ヨミトク
出版元 中央公論新社
刊行年月 2005.9
ページ数 303p
大きさ 20cm
ISBN 4120036707
NCID BA73656120
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20908336
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想