ピーク・オイル : 石油争乱と21世紀経済の行方

リンダ・マクウェイグ 著 ; 益岡賢 訳

「ピーク・オイル」とは、世界の石油産出が、あと数年でピークに達することを意味する。以後、間違いなく産出量は減少し、安価な石油の時代は終焉を迎える。『ナショナル・ジオグラフィック』『ニューズウィーク』『ニューヨーク・タイムズ』なども特集記事を組み、世界の多くの研究者がこの事実を認めていることを報じ始めた。本書は、世界的に活躍する調査ジャーナリストが、巨大石油企業の思惑、米・欧・中国・OPEC諸国の駆け引き、さらに代替エネルギー開発、地球温暖化問題など、「ピーク・オイル」を背景にしてエネルギー問題の歴史と未来を多角的に論じた、衝撃の一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 "ピーク・オイル"-手近に実る果実はなくなった
  • 第2章 手近に実る果実としての「イラク」-世界第二の石油埋蔵量
  • 第3章 巨大石油企業による新たな中東支配構想
  • 第4章 OPECを復活させた男-ベネズエラ大統領チャベスへのインタビュー
  • 第5章 地球環境保護と巨大企業
  • 第6章 ロックフェラー物語-巨大アナコンダ
  • 第7章 石油メジャーと中東-なぜ我々の石油が、奴らの砂の下にあるのか?
  • 第8章 OPECの闘い-ハーレムとシスターズの対決
  • 第9章 米国の長年の夢と"ピーク・オイル"
  • 第10章 二十一世紀の石油状況と世界の行方
  • "ピーク・オイル"と二十一世紀-訳者解説にかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ピーク・オイル : 石油争乱と21世紀経済の行方
著作者等 McQuaig, Linda
益岡 賢
マクウェイグ リンダ
書名ヨミ ピーク オイル : セキユ ソウラン ト 21セイキ ケイザイ ノ ユクエ
書名別名 It's the crude,dude

Piku oiru
出版元 作品社
刊行年月 2005.9
ページ数 386p
大きさ 20cm
ISBN 4861820502
NCID BA73618755
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20861537
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想