ヨーロッパのCSRと日本のCSR : 何が違い、何を学ぶのか。 : corporate social responsibility

藤井敏彦 著

ブラッセルで4年間、ロビイストとしてEUの政策決定に参加した著者が、つぶさに解き明かすCSR。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ヨーロッパの提案するCSRとはなにか
  • 第2章 ヨーロッパのCSRは日米のCSRとどこがちがうのか
  • 第3章 ヨーロッパのCSRは誰が牽引しているのか
  • 第4章 CSRの本質はなにか
  • 第5章 ヨーロッパの新しい環境戦略
  • 第6章 競争力を向上させるCSR
  • 第7章 日本はいまCSRでなにをすべきか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパのCSRと日本のCSR : 何が違い、何を学ぶのか。 : corporate social responsibility
著作者等 藤井 敏彦
書名ヨミ ヨーロッパ ノ CSR ト ニホン ノ CSR : ナニ ガ チガイ ナニ オ マナブノカ
出版元 日科技連出版社
刊行年月 2005.9
ページ数 221p
大きさ 22cm
ISBN 4817191600
NCID BA73598159
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20876217
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想