物理定数とSI単位

佐藤文隆 著

測定技術のいちじるしい革新や、異分野間の交流が活発化するなかで単位への関心が高まりつつある。単位は、それを利用する社会の変化、それを定義する物理現象の測定技術の進歩など、科学と社会の双方の課題として決められてきた。SI単位系を中心に単位系の構成を解説し、物理現象と基本単位の定義法の歴史から、より高い精度をめざす新しい定義の試みまで紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 物理と単位系(物理学と数量化
  • 単位を定義する現象
  • 測定技術の進展
  • メートル法からSI単位系へ
  • SI単位系への違和感)
  • 2 SI単位系(基本単位と組み立て単位
  • 計量法)
  • 3 電磁気の単位(SI単位系
  • 他の電磁気単位系)
  • 4 単位を定義する現象(長さ
  • 時間 ほか)
  • CODATA基本物理定数表

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物理定数とSI単位
著作者等 佐藤 文隆
書名ヨミ ブツリ テイスウ ト SI タンイ
シリーズ名 ものを見るとらえる 9
岩波講座物理の世界 / 佐藤文隆, 甘利俊一, 小林俊一, 砂田利一, 福山秀敏 編 9
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.9
ページ数 86p
大きさ 20cm
ISBN 400011185X
NCID BA73598137
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20890125
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想