コンピタンス心理学

勝俣暎史 著

コンピタンスとは、「環境と効果的に相互作用する有機体(人)の能力」と定義される。本書は、複雑化・多様化した心理学の全体像を、このコンピタンスという概念のもとに統合することを試みた"コンピタンス心理学"の入門書である。子育てチェック法、生きる力、高齢者介護などの具体例を読み進めていくことで、コンピタンス心理学の全貌を理解し、教育・福祉・ビジネスなどにも応用できる実践的な考え方として身につけることができる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 コンピタンスって何?-コンピタンスで心理学を見渡す
  • 2章 日常生活で見かける問題-コンピタンス心理学でひも解く問題行動
  • 3章 子育てチェック法-コンピタンス心理学で子どもを見つめる
  • 4章 学校教育は何が問題なのか?-コンピタンス心理学から示唆されるもの
  • 5章 自殺的行動を考える-コンピタンスの機能不全
  • 6章 現在・過去・未来の時間-コンピタンス心理学による時間的展望
  • 7章 高齢者介護のあり方を考える-福祉に活かすコンピタンス心理学
  • 8章 人材と経営にみるコンピテンシー-ビジネスに活かすコンピタンス心理学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コンピタンス心理学
著作者等 勝俣 暎史
書名ヨミ コンピタンス シンリガク : キョウイク フクシ ビジネス ニ イカス
書名別名 教育・福祉・ビジネスに活かす
出版元 培風館
刊行年月 2005.9
ページ数 209p
大きさ 19cm
ISBN 4563056979
NCID BA73573952
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20866520
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想