マクスウェルの渦アインシュタインの時計 : 現代物理学の源流

太田浩一 著

現代物理学はどのように生まれたのか?電磁気学からゲージ理論へ個性豊かな261人の思考をたどるロマンと冒険の旅。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 あした露おく野の静寂に
  • 2 それは風車小屋で始まった
  • 3 ミラボー橋の下をセーヌ河が流れ
  • 4 はやきこと光の如し
  • 5 渦潮に玉藻刈るとふ
  • 6 偉大な、もっと偉大な、最高に偉大な
  • 7 青空の中を高く、風の中を高く
  • 8 そして光は曲がった

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マクスウェルの渦アインシュタインの時計 : 現代物理学の源流
著作者等 太田 浩一
書名ヨミ マクスウェル ノ ウズ アインシュタイン ノ トケイ : ゲンダイ ブツリガク ノ ゲンリュウ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2005.9
ページ数 374p
大きさ 22cm
ISBN 4130630032
NCID BA73564747
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20890144
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想