ゴダール革命

蓮實重彦 著

性懲りもなく半世紀に亘って映画を撮り続けるゴダールを、性懲りもなくいつも/たまに見続けてきた人びとに向けて、性懲りもなく書き続けられたきわめつけのゴダール論集。特別付録に黒沢清インタヴュー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 時限装置としてのゴダール
  • 1 映画作家は映画を撮る
  • 2 映画作家は映画から遠く離れる
  • 3 映画作家は決算の身振りを演じる
  • 4 映画作家は世紀のはざまを生きる
  • 5 映画作家の仕事をたどる
  • エピローグ ゴダール革命に向けて
  • 付録 特別インタヴュー 映画はゴダールのように豊かであっていっこうに構わない(黒沢清)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴダール革命
著作者等 蓮実 重彦
蓮實 重彦
書名ヨミ ゴダール カクメイ
シリーズ名 リュミエール叢書 37
出版元 筑摩書房
刊行年月 2005.9
ページ数 242p
大きさ 21cm
ISBN 448087318X
NCID BA73562526
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20886015
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想