20世紀ドイツの光と影 : 歴史から見た経済と社会

斎藤晢, 八林秀一, 鎗田英三 編

ヴァイマル期、ナチス期、第二次世界大戦後のドイツ経済・社会における激動の時代の歴史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 第一次世界大戦とヴァイマル共和国(敗戦・革命と超インフレーション
  • ヴァイマル経済の国際的・国内的考察
  • 世界経済大恐慌と経済政策 ほか)
  • 第2部 ナチス体制と第二次世界大戦(経済の奇跡と軍事経済
  • 経済・社会構造の変化
  • ナチス体制下の人々 ほか)
  • 第3部 20世紀後半のドイツ(敗戦とドイツ分割
  • 「奇跡」の経済復興
  • 「大きな政府」の登場 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 20世紀ドイツの光と影 : 歴史から見た経済と社会
著作者等 八林 秀一
斎藤 晢
鎗田 英三
書名ヨミ 20セイキ ドイツ ノ ヒカリ ト カゲ : レキシ カラ ミタ ケイザイ ト シャカイ
出版元 芦書房
刊行年月 2005.8
ページ数 355p
大きさ 22cm
ISBN 4755611849
NCID BA73551268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20979314
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想