裂織 : 木綿生活誌

佐藤利夫 著

裂織は木綿の風合いと強靱さを生かした衣料として近世以来つづけられ、その技と美がすぐれたリサイクル文化として見直されつつある。東西文化の中継地・佐渡を中心に、古老たちからの聞書と実地調査をもとにその歴史と民俗を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 木綿の流通と利用(木綿の流通
  • 木綿の利用)
  • 第2章 木綿誌(暮らしの向上と木綿
  • 地域区分と聞き取り
  • 裂織聞き書き)
  • 第3章 裂織と女性の暮らし(木綿を織っていた地域
  • ツギから裂織を織る
  • 暮らしの中の裂織)
  • 付録 佐渡裂織の技術入門(旧相川町伝承のネマリバタ"地機"で織る裂織
  • 裂織講習会の内容
  • 裂織ができるまで)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 裂織 : 木綿生活誌
著作者等 佐藤 利夫
書名ヨミ サキオリ : モメン セイカツシ
書名別名 Sakiori
シリーズ名 ものと人間の文化史 128
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2005.10
ページ数 279p
大きさ 20cm
ISBN 4588212818
NCID BA73537245
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20963232
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想