うつし臨床の詩学

森岡正芳 著

多くのクライエントたちの訴えの背後にある目に見えないものに、どうすれば近づくことができるのか。絆や「ともにある」関係をつくるために、発生状態の主観性、自己性の創造的な回復をめざした「他者の私の生」を構成するためには、どのようなスタイルが大切なのだろうか。サイコセラピーの臨床場面で日々問われている問題を、著者は「うつし」という言葉をヒントに、多方向から考察する。そして、豊富な症例や幅広い文献から、実際的・文化論的に臨床現場のあり方をさぐっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 心で見るかんじんなこと
  • 1 絆をつなぐ(うつし身
  • 今を維持する力)
  • 2 はじめの写し(体験の下地にふれる
  • はじまり ほか)
  • 3 映し合う-感の世界(病いに隠されたゆめ
  • 感情を映し返す ほか)
  • 4 映し換える-反転(話しかけるとき私はそこにいない
  • その人の際)
  • 5 移りゆきの時空(事と言が重なる
  • 時間の影)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 うつし臨床の詩学
著作者等 森岡 正芳
書名ヨミ ウツシ リンショウ ノ シガク
出版元 みすず書房
刊行年月 2005.9
ページ数 218, 3p
大きさ 20cm
ISBN 4622071592
NCID BA73535705
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20865305
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想