昭和短歌の精神史

三枝昂之 著

モダニズム短歌、プロレタリア短歌、戦時下の国民歌、日米開戦歌、学徒出陣の学生歌、沖縄戦の歌、占領期の検閲をかいくぐった歌…日々の暮らしや心の軌跡を詠んだ七百余首のひとつひとつを掘り起こし、時代背景と照らしながら描き出す、昭和という時代。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 花ひらく自由律
  • 発端-老父は門べに旗ふりてをり
  • 歌人たちの国民歌
  • 分水嶺(1)紀元二千六百年奉祝歌集
  • 分水嶺(2)大日本歌人協会解散事件
  • 分水嶺(3)『新風十人』
  • 戦時下の青春
  • 満洲という幻想
  • 国難来る、国難は来る-歌人たちの大東亜戦争
  • 還るうつつは想はねど-学徒たちの戦争〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和短歌の精神史
著作者等 三枝 昂之
書名ヨミ ショウワ タンカ ノ セイシンシ
書名別名 Showa tanka no seishinshi
出版元 本阿弥書店
刊行年月 2005.7
ページ数 522p
大きさ 20cm
ISBN 4776801744
NCID BA73521700
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20967682
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想