アジア地域秩序とASEANの挑戦 : 「東アジア共同体」をめざして

黒柳米司 編著

本書は、誕生→離陸→成功物語→絶頂→挫折→再起というASEANのライフサイクルを総合的に回顧することで、それが成し遂げたもの、またその成功の鍵を確認する一方、その限界と弱点を検証し、これを取り巻く地域国際環境のインパクトにも目配りしつつ、この地域協力機構が地域の安定・平和・発展に向けて何をなすべきか、また、なしうるかを考察しようとするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ASEANの「成功物語」-ASEANは何を達成したか?そして、なぜ成功したか(「ASEAN Way」再考
  • 中国とASEAN-対立からパートナーへ ほか)
  • 第2部 新たな挑戦-新たなイシュー・新たなアクター(「大メコン圏」の形成と地域秩序-ASEANは東南アジアを統合できるか
  • 国際NGOの台頭-インドネシア民主化に果たした選挙監視NGOのネットワーク ほか)
  • 第3部 新地域秩序へのシナリオ-再活性化への前提条件を探る(「東アジア共同体」構想-背景と展望
  • 開発・民主化・安全保障の相互連関-「国づくり」に向けた国際支援の枠組みと日本の役割 ほか)
  • 第4部 「ASEAN Way」の再構築を求めて(「ASEAN共同体」へ-幻滅と期待のはざま)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジア地域秩序とASEANの挑戦 : 「東アジア共同体」をめざして
著作者等 黒柳 米司
書名ヨミ アジア チイキ チツジョ ト ASEAN ノ チョウセン : ヒガシアジア キョウドウタイ オ メザシテ
出版元 明石書店
刊行年月 2005.8
ページ数 296p
大きさ 21cm
ISBN 4750321710
NCID BA73507288
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20918116
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想