検索エンジン戦争 : インターネットの覇権をめぐる興亡と争奪戦の物語

ジェフ・ルート, 佐々木俊尚 著

さまざまな紆余曲折を経て、インターネットの巨大な玄関となった検索エンジン。その成長は、今も二つの方向で続いている。一つは、デスクトップ検索、商品検索、ニュース検索、社内ナレッジの検索などに見られる検索領域の拡大。そして二つ目は、ブログやRSSとの融合やウェブサービスへの取り組みなど、メディアとしての新たな性質の獲得である。今われわれは、検索エンジンの定義を見直す時期にさしかかっているのかもしれない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ インターネットの向こう側で戦争が始まった
  • 第1章 先史時代の検索エンジン
  • 第2章 検索エンジンと広告の物語
  • 第3章 パックス・グーグル(グーグル王国の平和)
  • 第4章 そして、乱世が幕を開けた
  • 第5章 ますます広がる検索エンジンの役割
  • 最終章 パワー・トゥ・ザ・ピープル

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 検索エンジン戦争 : インターネットの覇権をめぐる興亡と争奪戦の物語
著作者等 Root, Jeff
佐々木 俊尚
ルート ジェフ
書名ヨミ ケンサク エンジン センソウ : インターネット ノ ハケン オ メグル コウボウ ト ソウダツセン ノ モノガタリ
出版元 アスペクト
刊行年月 2005.8
ページ数 253p
大きさ 19cm
ISBN 475721166X
NCID BA73495983
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20833224
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想