人をあやめる青少年の心 : 殺人の心理 : 発達臨床心理学的考察

河野荘子 編著

本書は青少年による殺人という難しいテーマについて、各方面で活躍している専門家たちが、それぞれの知識や経験を生かし、心理学的観点から、その解明に少しでも寄与しようと真摯に取り組んだ、意欲的かつ画期的なものである。基本的には、発達臨床心理学的な立場から、殺人行為を専門的に吟味しようとするものではあるが、心理学の知識をもたない人たちや、これから勉強を始めようとする学生・院生の諸君も理解できるように配慮されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 殺人の定義と殺人行為の形成メカニズム(殺人の定義-なぜ今殺人か
  • 殺人行為の形成メカニズム
  • 殺人行為の意味)
  • 第2章 青少年の殺人の実態とその内容(青少年の殺人の実態
  • 殺人者が抱える内的問題のレベル
  • 青少年の殺人の諸相)
  • 第3章 殺人に接近する青少年への対応と予防策(殺人に接近する青少年に対応する際の原則
  • 殺人に接近する青少年への対応
  • 青少年による殺人の予防策)
  • 付章 人をあやめる青少年を理解するための文献・資料集

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人をあやめる青少年の心 : 殺人の心理 : 発達臨床心理学的考察
著作者等 河野 荘子
書名ヨミ ヒト オ アヤメル セイショウネン ノ ココロ : サツジン ノ シンリ : ハッタツ リンショウ シンリガクテキ コウサツ
書名別名 Hito o ayameru seishonen no kokoro
シリーズ名 シリーズ荒れる青少年の心
出版元 北大路書房
刊行年月 2005.9
ページ数 143p
大きさ 21cm
ISBN 4762824666
NCID BA73482267
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20874357
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想