平安京の空間と文学

西村さとみ 著

日本とは何か。平安京が国家の象徴として認識され、文学で表現されることばが社会に統一性を与える。九〜一〇世紀を分析し、国風文化論と古典文化論とを再検討。決して自明ではない「日本」が創出されていく過程を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 古典文化と国風文化
  • 第1章 表象としての平安京
  • 第2章 平安京の祭礼
  • 第3章 "消費"する平安京
  • 第4章 平安京・奢侈・浄土
  • 第5章 平安京と文学
  • 第6章 和俗の創造
  • 終章 和俗と日本
  • 付論 ことばと統合-国民国家論に寄せて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平安京の空間と文学
著作者等 西村 さとみ
書名ヨミ ヘイアンキョウ ノ クウカン ト ブンガク
書名別名 Heiankyo no kukan to bungaku
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2005.9
ページ数 195p
大きさ 22cm
ISBN 4642024409
NCID BA73475658
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20876659
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想