友情を疑う : 親しさという牢獄

清水真木 著

友人。誰のまわりにも一人はいる身近な存在と考えられている。しかし、友人との付き合い方にルールはなく、友人が私たちに何を運んでくるかは予測のつかぬ謎である。誰が友人か、どこに友人はいるのか、友人と親しさの差異は何か、そして友情の政治的機能とは…。本書は、哲学者たちの友情論を手がかりに、公共の空間における対人関係の本来の姿を描きながら、友情の消滅の危機と、それが原因の国家の危機を遠望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 友人という謎(学校に友だちはいるか
  • スポーツ選手の「友情」 ほか)
  • 第2章 危険な友情(「友人」たちの犯罪
  • 問題の発見 ほか)
  • 第3章 友情の神秘(モンテーニュとラ・ボエシー
  • なぜ彼なのか ほか)
  • 第4章 人類への友情(友人としての人間
  • 合意形成と友情 ほか)
  • 第5章 友情という幻想(友愛と友愛化
  • 幸福な者への憎悪
  • 「引力」の呪縛
  • 友情の黄昏
  • 統合の問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 友情を疑う : 親しさという牢獄
著作者等 清水 真木
書名ヨミ ユウジョウ オ ウタガウ : シタシサ ト ユウ ロウゴク
書名別名 Yujo o utagau
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2005.9
ページ数 197p
大きさ 18cm
ISBN 4121018133
NCID BA73475035
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20905387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想