森の紳士録 : ぼくの出会った生き物たち

池内紀 著

月下の散歩者ムササビ、森の怪人ヒグマ、忍びの名人イワナ、幻の獣オオカミ-森のつつましい生き物たちは、人間よりもはるかに「紳士」である。ドイツ文学者にして自然をこよなく愛する旅人でもある著者が、山歩きの道すがら、またさまざまな書物の中で出会った生き物たちの姿を、生き生きと描き出す。著者自筆イラストも満載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 早春・夜から朝(ムササビ
  • アカハラ・クロツグミ
  • ブッポウソウ ほか)
  • 2 昼下がり・夏(サワガニ
  • カワガラス
  • イワナ ほか)
  • 3 秋の到来(キノコ
  • アキアカネ
  • タヌキ ほか)
  • 4 夜の世界(イノシシ
  • モズ
  • モグラ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 森の紳士録 : ぼくの出会った生き物たち
著作者等 池内 紀
書名ヨミ モリ ノ シンシロク : ボク ノ デアッタ イキモノタチ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.9
ページ数 211p
大きさ 18cm
ISBN 4004309700
NCID BA73444643
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20886228
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想