唐詩概説

小川環樹 著

杜甫、李白、王維、韓愈、白居易など、きら星のごとき大詩人を輩出した唐代。「国破れて山河在り」といった名詩から通常見過ごされがちな詩人の佳作まで、唐詩の流れと形式そしてその魅力を平明かつ気品ある文章で語る。韻目表、助字一覧など漢詩鑑賞に必要な情報も網羅。戦後の中国文学研究を方向づけた碩学による唐詩入門の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 唐詩の開花-その源流と基盤
  • 第2章 初唐(六一八‐七〇九)
  • 第3章 盛唐(七一〇‐七六五)
  • 第4章 中唐(七六六‐八三五)
  • 第5章 晩唐(八三六‐九〇七)
  • 第6章 唐詩の形式-詩体の区分
  • 第7章 唐詩の語法
  • 第8章 唐詩の押韻、および韻書

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 唐詩概説
著作者等 小川 環樹
書名ヨミ トウシ ガイセツ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.9
ページ数 351p
大きさ 15cm
ISBN 4003810910
NCID BA73431040
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20887061
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想