コクと旨味の秘密

伏木亨 著

「ネズミはビールにキレよりもコクを求める」「赤ワインに醤油を垂らすとコクが増す!?」「男性生殖器と口の中には深い関係がある」「牧場のミルクが美味しい科学的根拠」「甘味無しの世界は殺伐としている」-。ビール、ラーメン、吸い物、カレー、あらゆる食物で感じられるコクとは一体何なのか。その正体を科学者の目で探ることで見えてきた美味しさの秘密。「コクの構造」が今明らかに。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1話 料理のコクの生理学
  • 第2話 味わえないおいしさ
  • 第3話 美味の事情
  • 第4話 我が家の食は宮廷料理
  • 第5話 コクは三層構造
  • 第6話 感じる舌の事情
  • 第7話 第二層のコク、第三層のコク
  • 第8話 飽きのこない味
  • 第9話 コクの周辺感覚
  • 第10話 洗練を味わいながら死にたい
  • 第11話 大予想!二〇××年のコク業界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コクと旨味の秘密
著作者等 伏木 亨
書名ヨミ コク ト ウマミ ノ ヒミツ
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2005.9
ページ数 207p
大きさ 18cm
ISBN 4106101351
NCID BA73424293
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20876365
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想