阿片の中国史

譚ロ美 著

阿片戦争から中華人民共和国成立までの約百年間の中国近代史は、阿片抜きには語れない。阿片という麻薬に、これほど蹂躙された国は、世界史の中でも例がない。中国人が麻薬としての阿片を知ったのはいつのことか。最初はどこから入ってきたのか。なぜ、超大国・清がいとも簡単に阿片に侵されてしまったのか。そして共産党と阿片の知られざる関係とは-。中国と阿片の長い歴史をひもとく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 煙館
  • 第1章 ケシの到来
  • 第2章 尼さんの阿片
  • 第3章 「新商品」に生まれ変わった阿片
  • 第4章 小説と現実の阿片商人
  • 第5章 千トンの白煙
  • 第6章 阿片戦争
  • 第7章 日本にはなぜ蔓延しなかったのか
  • 第8章 悪魔の密約
  • 最終章 毛沢東と阿片

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 阿片の中国史
著作者等 譚 璐美
譚 〓美
書名ヨミ アヘン ノ チュウゴクシ
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2005.9
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 4106101335
NCID BA73423905
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20876375
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想