暗証番号はなぜ4桁なのか? : セキュリティを本質から理解する

岡嶋裕史 著

相次ぐ盗難キャッシュカードによる現金引き出し事件。銀行か利用者か、その責任の所在をめぐっての議論がかまびすしい。一方、カードと暗証番号の組み合わせによる「識別」「認証」システムの脆弱性自体も問われ、ICカードやバイオメトリクス(生体認証)など、新セキュリティシステムへの期待が高まっている。しかし、新技術によってカード犯罪はなくせるのか?そもそも問題の本質はどこにあるのか?重要なのは、問題の本質を知り、生活の様々な局面で応用を利かせられる能力を身につけることだ。それが、多くのセキュリティ事故を未然に防ぐ力になるはずだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 暗証番号はなぜ4桁なのか?-見え隠れする管理者の傲慢
  • 第2章 パスワードにはなぜ有効期限があるのか?-破られることを前提とした防護システム
  • 第3章 コンピュータはなぜ計算を間違えるのか?-計算のしくみとそれに付け込む人間の知恵
  • 第4章 暗証番号はなぜ嫌われるのか?-利便性との二律背反
  • 第5章 国民背番号制は神か悪魔か救世主か-管理と安全の二律背反
  • 第6章 暗証番号にはなぜ法律がないのか?-ITに馴染まない護送船団方式
  • 第7章 インシデントはなぜ起こり続けるのか?-覚えておきたい3つの対策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 暗証番号はなぜ4桁なのか? : セキュリティを本質から理解する
著作者等 岡嶋 裕史
書名ヨミ アンショウ バンゴウ ワ ナゼ 4ケタ ナノカ : セキュリティ オ ホンシツ カラ リカイスル
書名別名 Ansho bango wa naze 4keta nanoka
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2005.9
ページ数 210p
大きさ 18cm
ISBN 4334033237
NCID BA73415995
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20869815
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想