認知症と食べる障害 : 食の評価・食の実践

Jacqueline Kindell 著 ; 金子芳洋 訳

認知症の後期になると、摂食・嚥下障害に対する効果的なマネージメントをどのように実施できるかが大きな課題となる。本書で紹介している評価法は、標準的な摂食・嚥下障害の評価法を補うために開発されたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 認知症
  • 2章 本書に示した評価表、マネージメント・チェックリストの作成と使用法
  • 3章 病歴収集-摂食・嚥下の諸問題
  • 4章 摂食・嚥下の評価とマネージメント法(感覚障害と歯の状態に関連する評価とマネージメントの問題
  • 精神状態と行動に関連する評価とマネージメントの問題
  • 摂食状況と摂食の巧みさに関連する評価とマネージメントの問題
  • 食物、飲物と摂食・嚥下に関連する評価とマネージメントの問題
  • 重傷な嚥下障害に関連する評価とマネージメントの問題)
  • 5章 評価表
  • 6章 摂食・嚥下障害のマネージメント方策-チェックリスト

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 認知症と食べる障害 : 食の評価・食の実践
著作者等 Kindell, Jacqueline
金子 芳洋
書名ヨミ ニンチショウ ト タベル ショウガイ : ショク ノ ヒョウカ ショク ノ ジッセン
書名別名 Feeding and swallowing disorders in dementia
出版元 医歯薬
刊行年月 2005.8
ページ数 132p
大きさ 30cm
ISBN 4263442032
NCID BA73409948
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20869911
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想