俳句の世界

山本健吉 著

「自己の文学観の最も大切な部分を折口信夫から受けている」と語った山本健吉が、現代文学を基軸にして古典文学を探求。俳句固有の性格や方法を明確にする一方「日本の詩の歴史」のうち、俳句が占める位置を示して複眼的な批評を展開、文学の根本問題に迫る。表題作のほか「挨拶と滑稽」「純粋俳句」「芭蕉と現代」「時評的俳句論」など著者の俳句・俳諧についての考察を網羅した名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 俳句の世界
  • 挨拶と滑稽
  • 純粋俳句
  • 芭蕉と時代
  • 俳諧についての十八章
  • 時評的俳句論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 俳句の世界
著作者等 山本 健吉
書名ヨミ ハイク ノ セカイ
書名別名 Haiku no sekai
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 2005.9
ページ数 297p
大きさ 16cm
ISBN 4061984179
NCID BA7338479X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20872128
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想