浦島太郎はどこへ行ったのか

高橋大輔 著

浦島太郎を神界へ誘う亀の正体とは?龍宮城はどこにあったのか?玉手箱にはなにが入っていたのか?丹後半島から中国、沖縄まで、ウラシマの疑問を追いかけた旅がはじまる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 浦島酔亀伝
  • 第2章 故郷丹後
  • 第3章 浦島太郎のウミガメ探し
  • 第4章 発見!海上宮殿
  • 第5章 もう一つの浦嶋伝説
  • 第6章 浦島老翁の謎に迫る
  • 第7章 開けてくやしき玉手箱

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 浦島太郎はどこへ行ったのか
著作者等 高橋 大輔
書名ヨミ ウラシマ タロウ ワ ドコエ イッタノカ
書名別名 Urashima taro wa dokoe ittanoka
出版元 新潮社
刊行年月 2005.8
ページ数 271p
大きさ 20cm
ISBN 4104315028
NCID BA73355634
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20857491
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想