論理の哲学

飯田隆 編

二〇世紀、論理学と哲学を横断して起きた「知の革命」。パラドクス・無限・不完全性と完全性・言語と論理・計算機科学と論理学などをキーワードに、論理をめぐる哲学探究の刺激に満ちた現在を、気鋭の著者陣が解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 論理学と哲学
  • 第2章 嘘つきのパラドクス
  • 第3章 ソリテス・パラドクス
  • 第4章 完全性と不完全性
  • 第5章 論理と数学における構成主義-ある議論
  • 第6章 論理主義の現在
  • 第7章 計算と理論
  • 第8章 自然言語と論理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 論理の哲学
著作者等 三平 正明
吉満 昭宏
岩本 敦
峯島 宏次
津留 竜馬
照井 一成
遠山 茂朗
飯田 隆
書名ヨミ ロンリ ノ テツガク
シリーズ名 知の教科書 341
講談社選書メチエ 341
出版元 講談社
刊行年月 2005.9
ページ数 247p
大きさ 19cm
ISBN 4062583410
NCID BA73345051
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20871990
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想