ハプスブルクの文化革命

山之内克子 著

豪華な儀式と祝祭でスペクタクルを演出し、視聴覚から臣民を従えたマリア・テレジア。庭園も舞踏会も一般公開する一方で、自分は宮廷に引きこもるヨーゼフ二世。同時代の記録に残された膨大な都市民の肉声から、啓蒙専制君主に再編される市民生活の相貌を活写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 北方からのまなざし-ドイツ啓蒙主義者がみたウィーン
  • 第2章 マリア・テレジアとウィーンの宮廷文化
  • 第3章 都市の時空を画すもの-宗教行事・伝統的スペクタクル・演劇文化
  • 第4章 ヨーゼフ二世-ハプスブルクの「革命児」
  • 第5章 緑地へ向かう都市民-近代的余暇習慣のステージ
  • 第6章 「中心の喪失」-ヨーゼフ二世の宮廷改革
  • 終章 バロック的宮廷都市から市民的近代都市へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハプスブルクの文化革命
著作者等 山之内 克子
書名ヨミ ハプスブルク ノ ブンカ カクメイ
シリーズ名 講談社選書メチエ 340
出版元 講談社
刊行年月 2005.9
ページ数 246p
大きさ 19cm
ISBN 4062583402
NCID BA7331385X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20871965
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想