いのちの日記 : 神の前に、神とともに、神なしに生きる

柳澤桂子 著

[目次]

  • 出産-そして原因不明の発病
  • 研究者としての日々
  • 最初の手術-子宮摘出
  • 再入院・解雇
  • 神秘体験
  • 二度目の手術-卵巣摘出
  • 三度目の手術-胆嚢摘出
  • 信仰への渇望
  • 宗教の独学
  • 「神秘体験」はどうして起こるか
  • 人はいかにして「悟り」に至るか
  • こころにリアリティー(真実)を取り戻そう
  • 神の前に、神とともに、神なしに生きる
  • 神は脳の中にある
  • 「粒子」という考え方
  • "尊厳死"を決意した日
  • その後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いのちの日記 : 神の前に、神とともに、神なしに生きる
著作者等 柳沢 桂子
書名ヨミ イノチ ノ ニッキ : カミ ノ マエ ニ カミ ト トモニ カミ ナシ ニ イキル
書名別名 Inochi no nikki
出版元 小学館
刊行年月 2005.10
ページ数 127p
大きさ 20cm
ISBN 409387588X
NCID BA73282337
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20867886
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想