深海からの声 : Uボート234号と友永英夫海軍技術中佐

富永孝子 著

第二次大戦も終わりに近づいた一九四五(昭和二〇)年三月二四日、北ドイツのキール軍港からUボート234号が極秘裡に日本へ向かった。同艦には積載限度いっぱいの独軍機密兵器、設計図、そして五六〇キロの酸化ウランが秘匿され、ヒットラー暗殺計画グループの一員と疑われていた独空軍大将ケスラーや選り抜きの独海軍技術陣とともに、二名の日本海軍技術士官が便乗していた。航空機エンジンの権威庄司元三技術中佐四二歳、そして潜水艦設計の第一人者友永英夫技術中佐三六歳である。敵機来襲や艦内故障など六度の危機を克服するも、北大西洋南下途上の五月八日、U234はドイツ無条件降伏を受信する。艦内は騒然。迫りくる英海軍の追跡を振り切りながら、艦長は苦渋のすえ米海軍への投降を決断。監禁された二人の日本海軍技術中佐は遺書を残して自決、水葬された-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『U234』出航準備
  • 第2章 凶となった『U234』の遣日任務
  • 第3章 空の骨箱と妻正子
  • 第4章 生い立ち
  • 第5章 任官・仮締ボルト時代
  • 第6章 潜水艦一筋・結婚
  • 第7章 遣独の旅
  • 第8章 ドイツでの足跡
  • 第9章 それぞれの戦後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 深海からの声 : Uボート234号と友永英夫海軍技術中佐
著作者等 富永 孝子
書名ヨミ シンカイ カラノ コエ : Uボート 234ゴウ ト トモナガ ヒデオ カイグン ギジュツ チュウサ
書名別名 Shinkai karano koe
出版元 新評論
刊行年月 2005.8
ページ数 448p
大きさ 20cm
ISBN 4794806639
NCID BA7327655X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20837646
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想